Old Sunset Days

HugoでYoutube埋め込み

日付 タグ hugo カテゴリ hugo

目次

HugoでYoutube埋め込みのShortcode

HugoではYoutube埋め込みが簡単に行える

https://gohugo.io/content-management/shortcodes/ - Shortcodes

にも書かれているショートコードの説明にもある通り、

例えば、

https://www.youtube.com/watch?v=w7Ft2ymGmfc - A New Hugo Site in Under 2 Minutes

を埋め込みたい場合は、Markdownのブログ記事中でビルトインのショートコードを呼び出すだけでいい。

{{< youtube w7Ft2ymGmfc >}}

を呼び出せば、

実際はこれをHugoコマンドが変換すれば、

<div style="position: relative; padding-bottom: 56.25%; height: 0; overflow: hidden;">
  <iframe src="https://www.youtube.com/embed/w7Ft2ymGmfc" style="position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; border:0;" allowfullscreen title="YouTube Video"></iframe>

というHTMLコードに変換される。

結果として表示は以下。Youtubeが表示されている。


ダイレクトコード直接でも可能

Youtubeのサイトで共有用の埋め込みコードをコピペして、

( ==> Hugoで一部の文字色のみ変更する

でやったようなraw.htmlというショートコードを用意して実現することも可能である。

「共有」から

「埋め込み」から

得られる埋め込みコード

を {{< raw >}} と {{< /raw >}} で挟めばOK。

つまりは

{{< raw >}}
<iframe width="560” height="315” src="https://www.youtube.com/embed/w7Ft2ymGmfc” frameborder="0” allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen>
{{< /raw >}}  

結果として表示はこんな感じに。


無事に表示されている。widthとheightはiframeタグ中のを調整すれば良い。

以上、Hugoで作ったブログサイトでYoutubeの埋め込みは難しいことなく、実現できる。